ビジネスで

貧困食糧危機

変えていく

ビジネスパートナーシステムで
タンザニアの小規模農家の金融アクセスの改善、農業の売上向上をサポートします。

タンザニアの現状

人口増加

2020年 2100年
約5,600万人 約2億8000万人
マーケットとしてのポテンシャルは無限大!

食料需要と食糧危機

国内生産量
450万t
国内消費量
540万t
食糧不足
2050年にはアフリカ全体で人口は3倍、食糧需要は2.5倍に

豊富な土地資源 

国土の30%は
耕作可能地
耕作可能地は30%にも及ぶ
しかし、タンザニア人にはお金がなく土地を活用出来ない

人口増加

2020年 2100年
人口増加
約5,600万人 約2億8000万人
マーケットとしての
ポテンシャルは無限大!

食料需要と食糧危機

国内生産量
450万t
国内消費量
540万t
食糧不足
2050年にはアフリカ全体で
人口は3倍、食糧需要は2.5倍に

豊富な土地資源 

国土の30%が耕作可能地

耕作可能地は30%にも及ぶしかし、タンザニア人にはお金がなく
土地を活用出来ない

タンザニアの農家が抱える問題

(国民5,000万人の7割(4,600万人)が小規模農家)

資金がない​


資金不足

小規模

農業技術の不足

技術の不足

低収量

マーケットの
アクセスがない

市場がない

低利益

資金がない​

資金不足

小規模農業

農業技術の不足

技術の不足

低収量

良いマーケットへのアクセスがない

市場がない

低利益

貧困のスパイラル

ソリューション

タンザニアの農家さんとWATATU、それぞれがリソースを持ち寄り共同で農業を行うことで、ビジネスとして利益を確保しつつ農家さんの大幅な収入向上を実現することができます。

10万円で農家さん1人が3エーカーの土地で農業を始められます。

・収穫量:9,360kg
・1kgあたりの価格:23円
・売上:9,360×23=215,280円
これにより、平均年間所得10万円に近い収入達成を実現することができます。

出資  収穫  収入 

農業パッケージの提供
(土地 / 種 / 肥料 / 農薬 / 技術 / 保管場所 / 販売先 / リスクヘッジ)
  
1年目 2年目
 8万円  13万円  4万円  8万円
    21万円      
 2万円  8万円  6万円  2万円
Aさん Aさん Bさん
農家

労働力、ノウハウを提供

出資   収穫   収入 

農業パッケージの提供
(土地 / 種 / 肥料 / 農薬 / 技術 / 保管場所 / 販売先 / リスクヘッジ)
  
8万円 13万円 4万円 8万円
1年目 21万円 2年目
2万円 8万円 6万円 2万円
Aさん Aさん Bさん
農家 : 労働力、ノウハウを提供
出資   収穫   収入 

農業パッケージの提供
(土地 / 種 / 肥料 / 農薬 / 技術 / 保管場所 / 販売先 / リスクヘッジ)
  
 8万円  12万円  4万円  8万円
1年目 21万円 2年目
 2万円  8万円  6万円  2万円
Aさん Aさん Bさん
農家 : 労働力、ノウハウを提供

社会課題へのインパクト

耕作可能地の10%を活用できた場合、2,000tの食糧増産に!

現状

国内生産量 450万t

2019年のトウモロコシの生産量:450万t (GAIN Report, USDA (2019))

耕作可能地の10%を活用できた場合…

※耕作可能地の10% : 27,800 ㎢ = 6,870,000エーカー

約2,000万tの食糧増産

食料増産:2,000t =1エーカー 3t × 6,870,000エーカー
アプローチできる農家数:185万人=1,885億円 ÷ 10万円

農家さんの声

baray
農業の経験はあるが、銀行から借りられなかったから助かった。
Barayさん
kifaru
計画的に農業を行うことで必要な時に資材が無く困ることがなくなった。
Kifaruさん

会社概要

会社名 WATATU株式会社
住所 福岡市博多区西月隈3丁目2-16
役員 代表取締役 岡本 龍太
取締役   三戸 勇輝
取締役   井﨑 奨
設立日 2020年12月25日
事業概要 海外農業支援
農業ICT普及等第一次産業関連事業
各種コンサルティング事業

メンバー

okamoto

岡本 龍太

広島県府中町出身。 戦隊ものでは絶対にレッド役を選ぶ幼少期から、学級委員や野球部のキャプテンを務めた。 東京大学に入学し、文学部思想文化学科の倫理専修課程で源氏物語について卒論を書く。 卒業後、某大手生保会社で営業職の採用・育成を担当した後、人事部で人事考課を担当。 退職し、JICA海外協力隊としてタンザニアの電気のない村でかまどや洗濯板の普及活動を行う。 好きな食べ物はとんかつ。 もうすぐ生まれる我が子と妻を連れてアフリカに行くことを心待ちにしている。

mito

三戸 勇輝

神奈川県横須賀市出身。 青山学院大学で人間の世界観・人生観を学ぶ。 卒業後、ベンチャー企業の営業を経て商社でインドの営業に従事。 仕事の傍らカンボジアで小学校建設を行うプロジェクトの立ち上げに携わりクラウドファンディング(リアル含め)で500万円を集めることに成功。 JICA海外協力隊としてタンザニアで村民の収入向上のための雑貨製作支援などを行う。 帰国後タンザニアで日本食レストランを開くためオーストラリアで準備をしていたが事故に遭い帰国。農業事業へ方向転換をした。 2年間のタンザニアをほぼパスタ生活で終えたパスタ好き。

izaki

井﨑 奨

福岡市博多区出身。 小学校の頃から野球をするが目立つことは無く基本的にサポートをしてきた。九州共立大学に入学し、スポーツ学部スポーツ学科で保健体育教員免許を取得。 卒業後4度青年海外協力隊に受験し、4回目にして合格、タンザニアへ。 タンザニアでは体育授業を行ないながら運動会の普及活動や野球やラグビーなど様々なスポーツの普及活動を行なう。

ngari

Ruben Ngari

タンザニアのダルエスサラーム大学と日本の政策研究大学院大学で経済学を学ぶ。 タンザニアの民間銀行と政府の公共金融部門で勤務経験を持つ。 現在はダルエスサラームにて自ら立ち上げた飲食ビジネスの経営を行う。 ビジネスを通じた日本とタンザニアの関係向上を目指している。

sdg_logo
sdg1
sdg2
sdg8
sgd10
sdg1
sdg2
sdg8
sgd10

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください!